30社からの一括お見積りはコチラ

納骨について

仏教では、納骨は「納骨法要」と言うのが正式名称で、お墓に遺骨を納める儀式のことを言います。
納骨を行う時期は、葬儀のあと火葬してその直後に行うこともあれば、四十九日の法要のあとに行う場合もあります。
納骨を行うには、その前にお墓が必要です。まだお墓を建てていない場合、お墓の建立は、四十九日の法要までに行うのが一般的です。納骨は、遅くても亡くなってから1年以内にお墓にご安置したほうがいいでしょう。
菩提寺にお骨を預ける場合は、火葬の翌日に預けて、四十九日の法要までの間に、お墓に納骨するのが一般的です。

納骨の際には、埋骨式が執り行われます。埋骨式は、卒塔婆・遺骨・香炉・花・水桶などを持参します。埋骨式の式次第は、骨壺をお墓の納骨室に安置します。扉を閉じて、墓石の背後に卒塔婆をたてます。僧侶が読経をして、遺族はお焼香をします。

埋骨をする際には、喪主の認印と埋骨許可証が必要です。埋骨許可証は、お墓の管理事務所に預けます。亡くなってから三十五日、または四十九日が過ぎることを忌明けと言います。ただし、亡くなった年には年賀状は欠礼して、故人の親族や知人に11月~12月中旬頃までに喪中ハガキを送ります。

納骨は、仏式・神式・キリスト式など、宗教によって違いがあります。
仏式 は、四十九日を一区切りとして、この日までに納骨を行います。三十五日法要のことを五七日忌、四十九日のことを七七日忌と言います。
神式は、納骨の儀式のことを霊前祭と言います。霊前祭は、翌日祭のあと、10日祭・20日祭・・・と10日ごとに行われるのが習わしで、霊前祭は50日祭まであります。神式では50日祭までに遺骨をお墓に納めます。

キリスト式 では、原則として土葬するのが習わしとなっています。しかし、日本ではすべての地域で土葬が許可されていません。参列者は、聖歌を合唱して、その中で厳そかに納骨の儀式が執り行われます。納骨の日は、火葬してから7日目、その翌月の昇天 (召天) 記念日などに行います。

お墓を新しく建立した場合は、お墓開き、または開眼と言います。お墓が建てられて、お墓に亡くなった人の魂が宿ります。
納骨の儀式での僧侶へのお布施は、開眼と納骨を含めて、一般的に3 ~ 5万円程度が相場のようです。
法要の日に納骨を行う場合は、合わせて5~10万円程度の金額をお布施として、僧侶に渡します