30社からの一括お見積りはコチラ

お盆とお彼岸

故人が亡くなった年のお盆は、初盆です。初盆やお彼岸などは、日本古来より伝統的に受け継がれてきた各地域でのお祭りとしておこなわれていました。もともとは、仏教の思想や中国の思想に基づいて、少しずつ形を変えて現在のような形になりました。
お彼岸は、年に2回、3月の春分の日と9月の秋分の日です。春のお彼岸は、春分の日の前後3日間、秋のお彼岸は秋分の日の前後3日間となっています。仏教では、お彼岸とは涅槃の世界とされており、極楽浄土の世界をあらわしています。

古来より、春分の次期に農作物の豊作を願い、秋分の日の頃には秋に収穫されるお米や農作物などの収穫の実りに感謝する儀式として、人々は太陽の恵みに感謝して、祈りを捧げていました。現在は、春分・秋分の日と言えば、お墓参りをする日として定着しています。
春分の日・秋分の日は、太陽が真西の方向に沈みますが、西方浄土を想うことに適しているとされており、その後、極楽浄土をあらわすようになったものとされています。
お彼岸の日には、亡き人を思い、お墓参りに足を運びます。また、先祖代々のお墓を守る意味でも、お彼岸は大切な日なのです。

お盆は、古来は、旧暦の1月15日と7月15日の満月の日でした。年越しのお正月と1年のうちの半年を越えたお盆のお祭りが行われていました。満月の日にお祭りが行われる理由には、満月になるとエネルギーが高くなるということに由来しています。
1年の年明けのお正月には、新しいエネルギーが与えられ、お盆の時期には、お米やお麦などの穀物の収穫の実りを見守っていました。

実は、お盆の起源は、意外にもペルシャの祖霊のお祭りからきたものと言われています。ペルシャから直接的に日本に伝わってきたのではなく、ペルシャからインドへ伝わり、インドの仏教で「ウラバンナ」と呼ばれる行事が行われていました。さらに、中国では道教による中元と呼ばれる行事がとり行われていました。

現在日本で一般的に行われているお盆の風習は、ペルシャ・インド・中国の行事が日本に伝えられて、今の形になったものと言われています。
日本では、7月中旬からお盆までの時期にお中元を贈ります。お中元は、日頃お世話になっている人や、結婚式の媒酌の労をとっていただいた方へお礼の気持ちをこめて送る、兄弟や親族などに送ります。中国では、1月15日を上元気と言い、7月15日を中元、12月15日を下元と呼び、その中で7月15日の中元に、贈り物やお供え物をしたことから現在のお中元と形を変えてきたものと言われています。