30社からの一括お見積りはコチラ

葬儀費用はどんなもの?

葬儀を行う際に支払う費用について、ご説明しましょう。

葬儀にかかる費用には、どのようなものがあるのか、葬儀一式として、祭壇・セレモニーホールの使用料金 (セレモニーホール・遺族控室など) ・お棺・骨壺・枕飾り・後飾り・生花・焼香具 (ローソク・線香など) ・受付備品一式・会葬礼状・返礼品・式場看板・案内看板・御霊燈・人件費・遺体の保管費用などがあります。

祭壇には、いくつかの種類があります。葬儀社に支払う費用は、おもに葬儀一式として、かかる費用を支払います。霊柩車やドライアイスなど、精進おとしを行う場合は、飲食代がかかります。

1.葬儀社に支払う葬儀費用

祭壇や棺には、いつくかの種類があり、ランクがあります。葬儀社ごとに設定料金も異なります。事前に葬儀社の人と打ち合わせをして、家族と相談の上、決めるといいでしょう。生花は、花の種類や使用量によっても、値段が変わってきます。

2.寺院などに支払うお布施

葬儀以外のところでは、寺院に支払う費用として、お経・戒名などの費用がかかります。葬儀の費用は、葬儀社ごとに異なりますが、冠婚葬祭の互助会に入会している人は、費用をある程度抑えることもできます。また、地域によっても、費用に格差が生じます。

葬儀にかかる費用の内訳は、葬儀社に支払う費用・料理にかかる費用・寺院に支払う費用・火葬料・粗供養などがおもな費用です。

3.葬儀の準備や参列者などへのお礼金

粗供養は、通夜や葬儀に参列した人数や品物などによって、金額に格差が生じます。

一般的に、通夜または葬儀に参列した人には、会葬礼状とお茶やハンカチなど、お返しの品を渡します。通夜だけに参列する人もいれば、葬儀のみに参列する人もいます。通夜と葬儀の両方に参列する人もいます。弔問客すべての人に、500円~1,000円程度の品を渡しますが、通夜と葬儀の両方に参列する人のことを考慮して、それぞれ品物が異なります。

通夜や葬儀に出席しなかったけど、ご香典を送ってくれた人には、後日、郵送にて返礼品を送ります。郵送費用もかかります。

精進おとしでは、飲食代の費用がかかります。出席する人数によって、金額が違ってきます。檀家とのお付き合いの度合いによっては、精進おとしなど、お食事の席に寺院の人が同席する場合もあります。

通夜や葬儀の参列者や精進おとしの参加者数や、祭壇・戒名などの乱記により、費用に大きく格差が生じます。しかし、葬儀の費用を安く抑えることを重視するのではなく、故人の労をねぎらい、安らかな眠りについてほしいという願いをこめて、家族として精一杯できることを、故人の意向に沿った形で行うことが望ましいでしょう。