30社からの一括お見積りはコチラ

葬儀費用はどのくらい?

葬儀には、さまざまな費用が発生します。葬儀社に支払う諸費用やお経を依頼した寺院、病院で亡くなった場合には病院の主治医や看護師などに心づけをしたり、さらに葬儀の世話役やお手伝いをしていただいた人には、お礼も必要です。

各種心づけは、葬儀の段取りなどの世話役には、5,000円 ~ 10,000円程度、近所のお手伝いの人には2,000円 ~ 3,000円程度が平均的です。世話役の人や近所の人には、お礼の気持ちをこめて、品物を渡す場合もあります。金額はひとつの目安として、お付き合いや葬儀のかかわり具合によっても、異なります。

葬儀費用の相場について、葬儀費用は全国平均で約236万円です。そのうち、葬儀一式費用は約150万円、寺院の費用は約48万円、精進おとしなどの飲食代は約38万円となっています。その地域の風習やならわしなどによっても、金額に格差が生じています。

葬儀の葬儀一式費用の内訳は、葬儀に関わる費用・葬儀場の使用料金・会葬御礼などがあります。葬儀社に支払う費用については、事前に葬儀社で見積もりを取ってもらう必要があります。

葬儀の費用には、霊柩車での遺体搬送費がかかります。病院で亡くなった場合は、病院から自宅、または病院から葬儀社に搬送する場合は、その距離で換算されます。あらかじめ、基本料金が設定されており、距離数によって加算されます。

通夜や葬儀のあとに行われる精進おとしなどの食事は、その地域によっては、葬儀のあとはお酒をふるまうところもあります。食事代は、ひとりにつき2,000 ~ 3,000円程度が相場です。料亭や仕出し屋などで行うこともありますが、自宅で行う場合は、お膳を運んでもらったり、オードブルを運んでもらうこともあります。

お酒をふるまう場合には、飲食代が加算されます。故人と親しい人や親せきを集めて内輪で行われるもので、集まった人数によっても合計金額が異なります。帰りのタクシー代として、タクシー券を渡すこともあります。

とくにお食事をしない場合には、粗供養の品を渡すこともあります。会葬のお礼として、通夜と葬儀のあとに渡すお茶やハンカチなどは、500円~1,000円程度が相場です。香典返しについては、一般的に、四十九日法要のあとにお返しをするのが一般的で、2,000~3,000円程度が相場で、半返しと言われています。香典返しは、結婚式の引き出物と同様に、商品カタログを渡す場合もあります。