30社からの一括お見積りはコチラ

納得した葬儀を

突然の故人とのお別れに、悲しみにうちひがれるあまりに、お通夜や葬儀の準備に手抜かりがあって、納得いく葬儀ができなかったというようなことがないように、故人に安らかに旅立ってもらうためにも、遺族として精一杯できる限りのことをしてあげたいものです。故人も遺族も納得のいく葬儀ができるように、葬儀の会場選びなど慎重に、納得のいく葬儀ができるように、遺族の意向を葬儀社とよく相談するといいでしょう。

葬儀までの手順をよく踏まえて、冷静に葬儀社を選ぶことが大切です。
葬儀社を選ぶには、葬儀に参列する人数の予想、葬儀の規模などによって、斎場の選び方も異なります。有名人や著名人が亡くなった場合は、かなりの参列者が弔問に来ると予想されるので、ある程度規模の大きな斎場を選び、一般的な葬儀であれば、それに見合った斎場を選ぶ必要があります。

人が亡くなってから、斎場をすぐに選ぶ必要があるので、決めてしまえば、葬儀社と打ち合わせをして見積もりをとってもらいます。葬儀場を上手に選ぶには、葬儀の費用で選ぶ方法、葬儀のスタイルで選ぶ方法、葬祭場で選ぶ方法があります。葬儀の費用については、事前に葬儀社のホームページを見て料金体系を把握する、葬儀社に直接見積もりを書いてもらうという方法があります。

近年、葬儀のスタイルも昔とは大きく違ってきました。故人や遺族の意向を重視して、その人にふさわしい葬儀を演出したり、形式にとらわれない葬儀や伝統的な形式に従った葬儀など、自由に選択できます。祭壇に、故人が好きだった花を供えたり、好きだった音楽を流すというような演出も可能です。

故人の生前の希望により、一度自宅に安置してから葬儀場に出棺するプランなどもあります。とくに葬儀を行わずに、密葬するプランもあります。さまざまな選択肢がある中で、納得のいく葬儀ができます。

葬儀社によっては、葬儀社の施設内で、精進おとしや葬儀に参列する前に食事ができるところもあります。斎場への移動がスムーズにできます。

本来、葬儀とは、故人の冥福を祈るために行う儀式であり、地域での風習や宗教観の違いにより、さまざまな葬儀の形があると思いますが、近年は、従来の形式にこだわらず、ひとつのセレモニーとして葬儀をとらえるという意識が強まっています。故人や遺族の意向を重視した葬儀が個人への冥福となり、安心して冥土に旅立てるだろうという見方もあります。昔は、寺院や自宅が葬儀を行うところが多かったのですが、近年は、民間の葬儀社でとり行われるのが一般的となりました。ひとりひとりに合ったプランが提供されており、納得のいく葬儀ができることと思います。