30社からの一括お見積りはコチラ

確認シートを活用

遺族にとって、突然の故人のお別れは想像以上につらいものがあります。しかし、悲しみのあまり、冷静さを失ってしまっていては、お通夜や葬儀の準備などがはかどりません。日頃の生活の中で、お通夜や葬儀をとり行う機会というものは、できれば極力ないほうがありがたいと思いますが、人がこの世に生を受けて人と関わっていく以上は、いつ別れのときがきても不思議ではありません。

大切な家族とお別れすることは、とてもつらく悲しいものですが、葬儀の準備は迅速に行う必要があります。

そこで、葬儀の段取りについてチェックシートがあれば、とても便利です。葬儀のマニュアル本を見て、葬儀のための確認用のチェックシートを作成しておくといいでしょう。または、インターネット上から、「葬儀確認シートをダウンロードすることも可能です。

葬儀確認シートでの手順チェックリストについて、ご説明しましょう。

医師から臨終を告げられたら、主治医に診断書を受け取ります。末期の水・死に化粧をして、遺体を清めます。病院に医療費の清算をして支払い、死亡届に記入して役場に提出します。葬儀の手配については、葬儀社を決めて連絡します。

喪主や遺族の役割の分担などを決めて、大がかりな葬儀であれば、親戚や近所の人に手伝ってもらうなど、係を決めていきます。葬儀の細かい段取りについては、葬儀社の人と直接相談していきます。

まずは、お通夜と葬儀の日時を決めていきます。お通夜と葬儀以外には、精進おとしやお食事などの弔問客へのおもてなしをどうするか、段取りを決める必要があります。

葬儀確認シートには、危篤・臨終~納棺、葬儀の手配、通夜、葬儀・告別式、火葬~納骨・法要までの手順が細かく記されており、段取りが完了したものについてチェックの印をつけて、備考欄に書き込みできるようになっています。

葬儀確認シートには、遺族が行うこと、葬儀社が行うこと、葬儀の関係者が行うことなどについて書かれています。葬儀確認シートが1枚あれば、スムーズに葬儀が準備できるので安心です。

葬儀確認シート以外に、葬儀で注意する点としては、常に記録をつけておくことが大切です。弔問者からいただいた香典の金額や寺院に支払ったお布施の金額など、細かく記録をつけておくといいでしょう。1度記録に残しておくと、あとあとになって記録が残るので、今後、葬儀をとり行う機会にも記録を見て、スムーズに進行することができます。

葬儀確認シートを十分に活用してとどこおりなく葬儀を行い、故人をしのび、葬儀に尽力いただいた人の労をねぎらいたいものです。