30社からの一括お見積りはコチラ

最近の葬儀傾向は?

日本の冠婚葬祭は、少しずつ形が変化してきました。従来は、しきたりを重んじる葬儀が中心でしたが、近年は、しきたりよりも、家族の意向や故人の意向を重視する傾向にあります。

最近、よく行われている葬儀について、ご紹介しましょう。

これまでは、故人の仕事の関係者や故人の知り合いなど、多数の人が参列して、通夜や葬式を行うのが一般的でしたが、ごく親しい人や身内だけを集めて、故人との別れのひとときを過ごすといった家族葬が少しずつ増えてきました。

これまでの葬儀は、多数の人が参列して、多数の人をもてなすことで故人をしのぶといった葬儀が主流でしたが、通夜から葬儀まで、短時間での準備に追われ、故人とのお別れの時間が少なく、多額な費用がかかることもあり、家族葬では、故人の遺族の金銭的、精神的な負担を軽減されます。

このような家族葬や、比較的規模の小さい葬儀が行われるようになり、葬儀社では、広いセレモニーホールだけでなく、小規模なセレモニーホールも増えてきました。家族葬を行うにあたり、貸切で利用するセレモニーホールもあります。

新しい葬儀の形「生前葬」

生前葬とは、その名の通り、生きているうちに行われる葬儀のことを言います。自分で自分の葬儀をプロデュースするのが生前葬で、実は、生前葬という考え方は江戸時代、当時の平戸藩 (現在の長崎県平戸市) の藩主が書いた随筆に記録されており、それが生前葬の始まりと言われています。

生前葬には、おもに2通りの解釈があります。生前葬を行う人は、自分の死期が近いことを知っている人、または病気で告知された人が、元気な今のうちに、自分の親しい友人や知人を集めて、生前葬を行います。または、自分の死期にかかわらず、今後の第二の人生に向けての一区切りを表す意味で、これまでの人生でお世話になった人たちへの別れを告げて、新しい人生を歩むという意味で行うこともあります。生前葬のスタイルは、その人自身がプロデュースして、パーティー形式やカジュアルな雰囲気でのお別れ会といった感じで、自由に選択できます。生前葬を行うこと自体には、「死に向かっていく」といった意味合いはあまりなく、人生の一区切りとしてとらえている人が多いようです。

葬儀の形が変化してきた理由は、核家族が増えてきて、先祖代々に受け継がれてきた菩提寺にこだわらず、自分の希望で寺院を選択する人が増えてきて、家族や本人の意向が重視されるようになりました。時代の変化や家族形態の変化により、葬儀に関する価値観も変わってきたようです。