30社からの一括お見積りはコチラ

まず何を準備?

1.危篤を告げられたら近親者に至急連絡を

preparation_1医師から危篤状態に陥ったことを告げられたら、至急最期の別れに立ち会ってもらいたい近親者に連絡をします。
危篤を知らせる相手は親族、親しい友人、知人、勤務先、近隣者など付き合いの深い人などになります。

2.親族や友人・知人への連絡を行います

葬儀を行う際には、事前の準備が必要になります。通夜や葬儀の準備、その手順について、ご説明しましょう。葬儀の事前準備として、身内が亡くなったら、まずは家族や親戚、知り合いなどにその旨を伝えます。連絡は、通夜が行われるまでに行い、連絡先リストを作成しておくといいでしょう。一覧表にして、連絡済みならチェックをして、わかりやすくまとめておくといいでしょう。

3.役所などの手続き

preparation_2死亡が確認されたら、死亡診断書を受け取り、市町村役場に提出して、火葬許可証を受領します。その後、通夜・葬儀・火葬の順に行われます。まずは、最寄りの葬儀社に連絡をして、故人の遺体を自宅、または葬儀社に搬送する必要があります。自宅で通夜や葬儀を行う場合は、自宅へ搬送しますが、通夜と葬儀を葬儀社で行う場合にも、1度自宅に安置してから、葬儀社に搬送するケースがほとんどです。故人の家族は、お線香とローソクの火を絶やさないように見守ります。

4.通夜や葬儀の「世話役」を決めます

お通夜と葬儀の進行にあたり、世話役が必要になります。地域によっては、班や町内会の人の協力をお願いする場合もあります。お通夜と葬儀では、ご霊前の受付・接待・会計などの係が必要になります。

5.葬儀社との打ち合わせ

葬儀社が決まったら、通夜と葬式・火葬の日時を決めていきます。一般的な葬儀の流れは、亡くなった日、またはその翌日に通夜を行い、その翌日に告別式が行われます。ただし、友引の日に葬儀や火葬を行うと、「友を引き寄せる」ことから、友引の日の葬儀を避ける場合もあります。火葬場によっては、友引の日に休業するところもあります。葬儀社と事前に打ち合わせをして、まずは見積もりをとってもらい、内容の確認をしておきます。

地域によっては、通夜または葬儀のあとに、精進おとしを催す場合もあります。精進おとしをする場合は、出席者の人数の確認や料理の注文をします。精進おとしのことを、地域によっては精進あげ、お斎 (おとき) 、忌中祓いと呼ぶところもあります。

6.遺影の準備

preparation_3葬儀に使う故人の遺影を用意しておきましょう。家族で、故人に最期を見送る写真として、ふさわしいものを選びましょう。

故人が生前、愛用していたものや手紙など、納棺のときに入れてあげるといいでしょう。ただし、ものによっては、お棺に入れられないものもありますので、必ず葬儀社の指示に従いましょう。

葬儀では、故人が好きだった音楽を流して、故人をしのび、故人とのお別れをしましょう。