30社からの一括お見積りはコチラ

通夜当日によくあること

お通夜では、多数の弔問客が参列します。一般的に、お通夜に参列する人、葬式に参列する人、またはお通夜と葬式の両方に参列する人もいます。

故人の訃報の連絡を受けても、都合悪くて通夜に参列できない場合もあります。その場合には、家族を代理人に代理で出席する場合もあります。

代理人として参列する場合は、会場の受付で、代理人として参列した旨を一言告げておくといいでしょう。どうしても出席する人がいない場合は、お悔やみの電報を送る、または香典を郵送する、または日をあらためて、なるべく日が浅いうちに自宅を弔問します。通夜や葬儀に参列できない場合でも、知り合いの人に預けて持っていってもらい、その際に記帳してもらうという方法もあります。

お通夜でよくあるケースですが、突然の訃報の知らせを受けて、急いで駆け付けて気がついたら喪服を着ていなかったということがあります。服装にもよりますが、明るい色の服を着ていくことは、タブーです。しかし、略式喪服として、紺色・黒色・グレーなどの地味な色のワンピースやスーツなどの服装であればかまいません。女性の服装は、スカートでなくても、パンツスーツでもだいじょうぶです。ただし、光沢のある素材や色は避けるようにします。デザインは、あまり飾り気のないシンプルなデザインのものを選びます。ストッキングの色や靴の色は、黒で統一します。

遺族が和装を着用する場合は、普段あまり着物を着慣れない人が、お通夜や葬式のときに着用すると、草履に履きなれずに、帯をきつくしめたりして、あとで疲労がたまり、体調不良の原因にもなりますので、要注意です。

お通夜や葬式での正式な喪服は、男性は黒紋付きの羽織袴 (はかま) 、女性の正式な喪服は、黒い無地の和装です。持っていない場合は、美容院で着付けを依頼してレンタルすることもできます。

遺族は、葬儀の準備に追われているうちは、気が張り詰めている状態ですが、葬儀を終えると、準備の忙しさから開放されると同時に気が抜けてしまい、疲れがどっと出て、胃腸の調子が悪くなることもあります。長時間の和装での立ち振る舞いは大変で、帯をきつくしめすぎずに、少し余裕があるぐらいにしておくといいようです。

友人・知人などがお通夜に参列する場合の注意点は、遺族の人に必要以上に話しかけることを慎み、一言「ご愁傷様でした」とお悔やみの言葉をかける程度にとどめておくようにしましょう。自宅で通夜を行う場合にも同様で、挨拶程度にすませておきます。