30社からの一括お見積りはコチラ

通夜タイムスケジュール

一般的に、お通夜は、夕方6時~7時ぐらいの間にとり行われる儀式で、所要時間はお通夜に参列する人数や宗派などによっても違いますが、1~2時間程度で終了します。故人と最期のお別れをする儀式として、通常、お通夜の翌日に葬式が行われます。

お通夜の流れについては、下記のとおりです。

お通夜が行われる斎場にて、弔問客の受付をします。そのあと、僧侶が読経して、遺族・弔問客の順にお焼香をします。その後、僧侶は退席して、お通夜が終了します。葬儀に比べて、短時間が行われます。

地域によっては、お通夜のあとに食事の席を設ける場合もあります。故人の遺族・親戚、親しかった人などが集まり、故人をしのびます。
お通夜は、故人との最後のお別れをする前日で、夜通し、ろうそくの火をたやさないようにして、故人を魔から守ります。

お通夜のタイムスケジュールは、下記の通りです。ここでは夕方6時から、お通夜が始まる場合のタイムスケジュールとします。

17:00 ~ お通夜の受付係を決めて、お通夜が始まる1時間前には、遺族や親族は斎場に着いて、弔問客を迎えます。
17:45 ~ お通夜の始まる15分前には、遺族や親族は入場して着席します。席順が決まっている場合は、お通夜の前に席順表を渡しておくか、椅子の上にメモ紙に書いておくといいでしょう。
お通夜が始まる前までに参列者は着席します。お通夜が始まる少し前に、僧侶が入場します。
18:00 ~ 司会者の進行により、お通夜が始まります。最初に、僧侶による読経が行われます。
18:15 頃~ 読経が始まって、しばらくして、遺族・親族・一般の弔問客の順に、お焼香が行われます。着席したままの状態でお焼香する場合もあります。
お経が終わったあと、僧侶による法話があります。(法話はない場合もあります)
18:50 頃 僧侶が退場します。
19:00 お通夜が終了します。
19:05 頃 お通夜終了後に、通夜ぶるまいが行われる場合は、遺族はすみやかにその準備にとりかかります。
19:15 頃 弔問客からいただいた御香典の会計が終了します。
20:30 頃 明日の葬儀の打ち合わせなどの確認等をすませて、すべて終了します。遺族は、故人の遺体を見守ります。故人の祭壇のろうそくの火を絶やさないように注意して、お線香をあげます。
お通夜の一般的なスケジュールは、上記の通りです。お通夜の進行については、地域性や宗派などによっても違いがあります。