30社からの一括お見積りはコチラ

安心の葬儀社

ホームページや折込チラシなどで良く目にする葬儀費用や葬儀の流れなどを見ていると、細かい金額の提示がされてなかったりと不透明な情報がばかり目につきます。

数ある葬儀社の中から本当に優良葬儀社と呼べる葬儀社に出会える確率は非常に少ないものとなっているのが業界全体としての現状です。

「葬儀社比較ネット」では、厳選な審査のもと当サイトが優良とみなした葬儀社のみを掲載しています。また、実際に葬儀をされた方にアンケートをいただき、「葬儀社の対応はどうだったか」「わかりやすい見積りだったか」などを聞いて重要な審査の基準としています。

それでは、優良葬儀社と判断する審査基準のポイントをご説明します。

優良葬儀社のチェックポイント

葬儀社の対応
故人にとっても、その遺族にとってもお葬式は人生において、とても大切な儀式です。その大切な儀式を任せられる葬儀社として、担当者の方がお葬式に対してどう思っているか、また仕事に対して何を望んでいるかを尋ねます。「お客様の声をしっかりと聴いているか」「ただ、聴いているだけではなく、ご相談者の身になっているか」「しぐさや言葉使いに気をつけているか」など、またその要望などにしっかりと応え、行動しているかなどを審査の重要なポイントのひとつとしています。
わかりやすくしっかりとした説明がされているか
ほとんどの方が葬儀という儀式を経験するのは人生のうち数回程度、そのうち喪主として葬儀を行う方は1〜2回程度だと思われます。わからないからといって、専門的なことばかりをいう「一方通行の対応」や内容をごまかした「不十分な説明」をしてないかなどをチェックします。
不透明な見積りを出していないか
葬儀にかかる費用は葬儀社によって違い、その差は2倍近い差が出たりもします。今までの見積りや請求書の事例をチェックし、「不透明な見積り」をしていないか、「わかりにくい追加料金」などの提示をしていないか、また、「見やすい見積り」になっているかなどをチェックします。
ご契約者のアンケート
当サイトでは、実際にご契約をされた方にお葬式の後アンケートをいただいております。「お葬式の進行具合」「葬儀社の担当者の対応」「わかりやすい見積りだったか」「十分な説明がされていたか」などをお聞きし、今後の審査の基準としています。
個人情報に対しての対応
その葬儀社が個人情報の守秘義務に対して、どう対応しているか、意識の高さなどを厳しくチェックします。